2006年01月15日

ハートで感じる英文法 if

今回はifです。

ifといえば、「もし」という意味を連想する方が多いと思いますが、
ネイティブのイメージとしては、「二択」という感じがあります。

例えば、
(価格交渉の場などで)
If you can't give me a better price, I'll look elsewhere.
もっと安くしてくれないんなら、他をあたります。

→安くするのかしないのかという二択。

I don't know if he will come.
彼がくるかどうかわからない。

ifには「〜かどうか」という意味もありますが、
→来るか来ないのかという二択、と考えることもできます。

次に、ifを使った圧力調整の話。
以下の2文で意味の違いがわかりますか?

If you can't give me a better price, I'll look elsewhere.
If you can't give me a better price, I look elsewhere.

1文目はwill('ll)により、(他を探す)予定を表す普通の感じです。
2文目はwilがない現在形が使われています。これはかなりきつい言い方になります。
現在形は、法則性と事実を述べる非常に強い感じがあります。
例)→ If you put litmus paper in acid, it turns red. リトマス紙を酸に浸すと、赤くなる。

つまり2文目は、 怒った感じで、「他を探すよ!」というような強い意味になります。


次に弱い圧力の例です。
If you can't give me a better price,I'm afraid I have to look elsewhere.
安くしてくれないなら、他で探さざるを得ませんねー。

I'm afraid によって主観がでて主張から離れています。
このことにより言い方がソフトになります。

I'm afraid の代わりに、I think や I guess を使うこともできます。

今回の圧力調整をうまく使えば、会話の幅が広がるのではないかと思います。

ブログランキング 
この記事へのコメント
以前に1回コメントしたものです。この番組去年から私も見てて、あの先生の説明のおかげか、少しだけ英語が好きになりました。何度も見ないと忘れていってしまいますが・・。
会話となるとスピードにもついてけないし・・。
地道にやり直し英語を楽しんでいます♪


Posted by もも at 2006年01月18日 22:19
ももさん、またコメントありがとうございます。

そうですね。楽しみながら続けることが大事だと思いますよ。がんばってください。
Posted by yo at 2006年01月19日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11725620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。