2005年09月17日

ハートで感じる英文法 単語

ハートで感じる英文法「英単語もイメージだ」の復習です。

英単語にもイメージはあります。
例えば、「見る」という日本語に対応する英単語は、
see,watch, look等あります。これらには固有のイメージがあります。

lookは、くいっと目を向けるという感じ。
例) Look at the chimpanzee . チンパンジーを見て。(チンパンジーの方を向いて)

seeは、向こうから入ってくる、見えるという感じ。
例)Can you see them? チンパンジー見える?

watchは、凝視する、じっと見るという感じ。
例)Let's watch them for a while. しばらく見てようよ。


look,seeは見る以外の意味もあります。
A)Look!We have to go.
B)I see. OK.

A)おい!行かないといけないぞ。
B)わかったよ。

ここでのlookは、注意を向けるために使われていて、おい、聞いてという感じです。
seeはわかる、理解するという意味で使われています。


また、話すという単語も結構あります。speak,talk,say,tell等です。違いを見てみましょう。

speakは講義とかで聴衆に向かって話すといった一方向です。
例) I don't speak English very well
英語を話すのはあまりうまくありません。

talkは対話等で、双方向です。
例)The student never stops talking during my class.
私の授業中に生徒たちは(友人たちと)喋るのをやめないんだ。

tellは言葉を渡すという感じ。
例)He told me the news.
彼はニュースを教えてくれた(渡した).

sayは言葉自体に重点を置いた言い方。
例)Say sorry!
ごめんなさいと言いなさい。(sorryという言葉に重点)

イメージを覚えていれば、単語の意味を推測できます。
watchful→じっと見つめて(watch) ばっかり(ful)→注意深い
watchtower→じっと見つめる(watch) 塔(tower)→見張り塔
watcher→じっと見つめる(watch) 人(er)→観察者

もっといろんな単語のイメージを知りたいという人は↓の本なんかいいかもしれません。
mazon.co.jp:本: 語源とイラストで一気に覚える英単語アスカカルチャー

mazon.co.jp:本: 語源で覚える英単語飛躍増殖辞典

僕は、mazon.co.jp:洋書: Word Power Made Easyを昔やってたんですが、途中で挫折してしまいました。やらねば。

英語学習 ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7027754
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

語源とイラストで一気に覚える英単語
Excerpt: なかなか単語が覚えられない。 覚えてもスグに忘れてしまう。 知らない単語があると長文を読むのに飽き飽きしてダメ。 そんな方々に是非オススメ..
Weblog: ☆会長とプーさんのNet Pavilion☆
Tracked: 2005-10-26 18:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。