2005年09月23日

ドラマで楽しむ英会話25

ついに終わっちゃいましたね。
ドラマで楽しむ英会話25話「新たな旅立ち」の復習でもしますか。

So,That guy Howard's been a bit of a pain by the sounds of it.
話によると、そのハワードって人、少々やっかいものだったみたいね。

ここでのpainは、「うんざりさせる人、物、事、悩みの種」というような意味。
by the sounds of itは、「聞いた感じによると」という意味。

painを使った文をもう一文。
It's such a pain.
めんどくさいなぁ。


The world is your oyster,guys.
「世界は君の意のままだ」っていうでしょ。

シェイクスピアのThe Merry Wives of Windsorからの
Why,the world7s mine oyster,which I with sword will open.
(世界は俺のカキ、剣でこじ開けてみせる。)
から由来しています。


I really think we can go places.
俺たちきっと売れるぜ。

ここでの go placesは、出世する、成功するという意味。

This old place was really going down the tubes befor you came along.
君たちが来てくれる前は、このホテルは崩壊寸前だったんだ。

go down the tubesで、「(管をくだるように)流れ落ちる、倒産する」という意味。
似たような表現に、
go down the toilet/drain :失墜する、計画がお流れになる、だめになる
なんていうのもあります。

英語学習 ランキング ランキングその2

posted by yo at 19:15 | Comment(3) | TrackBack(0) | NHK語学講座
この記事へのコメント
yoさん、漢字間違ってます・・・。

「世界は君の異のままだ」は「異」じゃなくて「意」です^^
Posted by tomo at 2005年09月23日 19:29
tomoさん、指摘ありがとうございます。
かっこ悪いですね。修正しました。
「胃のまま」に間違ったほうがおもしろかったですね。w
Posted by yo at 2005年09月23日 19:39
あはは、そうですねw
Posted by tomo at 2005年09月23日 19:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。