2005年09月25日

ハートで感じる英文法最終回

終わっちゃいましたね。ネイティブの感覚がつかめるいい番組でした。
ハートで感じる英文法「文の形にも感覚がある」の復習です。

まずはthere構文。
↓の文はすべて不自然な文なんです。なぜかわかりますか?

There is the girl in the garden.
There is Aiko in the garden.
There is she in the garden.

there is のイメージは、何もないところに(話題の中に)、ひゅるひゅるっと登場させるような感じだからです。

the girl(あの女の子)は、話題の中にすでに登場しているので、初めて登場させるthereに使うのはおかしいです。
Aiko,sheも同様に、一旦登場しているので不自然です。

正しい使い方の例)
There is a hairy spider in the bathroom!
トイレに毛むくじゃらの蜘蛛がいるよ!

何もないはずのところに、ひゅっと蜘蛛がでてきたという感じです。


次にso〜that・・構文
「とても〜ので、・・です。」という意味です。この構文にもイメージがあります。
He made me so angry that I almost hit him.
彼は私をとても怒らせたので、殴りそうだったわ。

soには、尾びれがついている感じがあります。
例えば、She is so cute.(彼女はとてもかわいいので、・・)
She is very cute(彼女はとてもかわいい)

よって、very〜that・・とは言えないわけです。


最後に、SVOO。懐かしい響きですね。
だれかに、なにかをあげるというイメージです。

I'll give you a rose.
バラをあげるよ。
I'll tell you a story.
お話をしてあげるよ。(話を渡すようなイメージ)

後期も同じ3カ月トピックが再放送されますから、見逃した回があればその時にチェックしましょう。
人気blogランキング
この記事へのコメント
こんにちは。以前から拝見させて頂いています英語を勉強している高校生です。there is〜〜のイメージ知りませんでした。give youとtell youはなんとなく知っていましたが。とても興味深いですね。
私のブログの方に、リンクをさせて頂いたのでご報告いたします。良ければ、私のHPも見てくださいね^^
Posted by たんぽぽ at 2005年09月26日 15:36
こんにちは.たんぽぽさん.
リンクありがとうございます.^^
たんぽぽさんのHP見ました.
がんばってる様子が伝わってきますね.



Posted by yo at 2005年09月27日 18:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。