2005年10月09日

ハートで感じる英文法 that

thatの回の復習です。

「あの、その」という意味はみなさんわかってますよね。
Look at that girl over there.
あそこにいる女の子見てよ。

では、以下で使われているthatは?
I can't get up that early.
そんなに早く起きられないよ。

thatのイメージは、「指し示す」というイメージです。
2つめの英文では、"そんなに"という風に指しています。

指し示すということは、相手の関心、注意を導くという風にイメージを広げられます。
ex)
I heard that it's going to rain tomorrow.
明日雨がふると聞いたよ。
(聞いたんだよ。 雨が降るということを)雨が降るということが、thatによって導かれています。
また、関係代名詞もイメージで説明できます。
This is a magazine that Hiroto was talking about.
これはヒロトが話してた雑誌だよ。
(これは雑誌だよ,どんな雑誌かというとね、ヒロトが話していた)
thatによってどんな雑誌なのかが導かれています。


最後に、応用です。
奥さんに、浮気がばれそうというシチュエーションで
どちらの文を使えばよいと思いますか?
I think that you're lying.
I think you're lying.

嘘ついてるだろ!と怒っている感じが出るのは、thatなしの
I think you're lying.です。
that には、丁寧に導く感じがでるので、ここでは不適切です。

ブログランキング 
この記事へのコメント
今日このホームページをはじめて観ました。
英語の勉強をしようと思っていたので、時々みにきたいとおもいま〜す。(笑)
Posted by nya〜 at 2005年10月10日 22:55
はじめまして、nya〜さん。
勉強がんばってくださ〜い。w
Posted by yo at 2005年10月11日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7914173
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。