2006年03月27日

upとdown

ハートで感じる英文法 会話編最終回ですね。今回はupとdownです。

upは上、downは下ですね。
当たり前かもしれませんが、イメージをもつと理解が深まります。
例)
make up for:埋め合わせをする。

I'll make up for my mistake.
間違いの埋め合わせをするよ。

間違いで、へこんだところを、アップさせるようなイメージです。


get down to:本気で取り組む

It's time to get down to work.
仕事に本気で取り組む時間だ。

何かに本気で取り組むときは、姿勢が前かがみになりますよね。

続きを読む
2006年03月19日

使役構文

ハートで感じる英文法 会話編 今回は、使役構文です。
使役構文といえば、
…に〜させる。
(make +人+動詞の原型)と習いましたよね。

実はこんなことを覚えなくても、イメージをつかめば、簡単に使役が使えます。

makeのイメージは、こねこねして力をくわえて、作り上げるというようなものです。

例)
Mark make friends with anyone.
マークは誰とでも友達関係を作り出す。→誰とでも友達になれる。

What do you make of him?
彼に対してどういう考えを作り上げますか?→どう思いますか?

使役の例。
I only wanted to make you happy.
あなたを幸せという状況に作り上げたかっただけ。→幸せにしたかっただけ。

I made them clean the toilets.
彼らにトイレを掃除するという状況を作り上げた。→トイレ掃除させた。

続きを読む
2006年03月12日

ハートで感じる英文法 疑問詞と関係詞

ハートで感じる英文法 会話編 今回は、疑問詞と関係詞です。

疑問詞、関係詞とは、who when,where などのwh語です。

wh語のイメージは、ギャップ(情報の穴)を感じることです。

まずは疑問詞。
Who do you love? (誰を好きなの?)
Who loves you? (誰があなたを好きなの?)

一文目は、whoを無視すると、 do you love [ } のように[ ]の部分にギャップを感じます。
「誰を」という目的語の情報がないので、そこを尋ねる「誰を好きなの?」という意味になります。

2文目は、 [ ]loves you のように、ギャップを感じることができます。
「誰が」という主語の情報がないので、「誰が好きなの?」という意味になります。

では、このwhoのようなwh語は何をしているのかというと、
ギャップの種類を特定するのに補助的な役割をしています。

別の例。
Which of these dresses do you think suits me best?
この文では、do you think [ ] suitsのところにギャップを感じます。
主語がないので、ここを尋ねています。

全体では、「このドレスの中でどれが一番似合うと思う?」という意味になります。

続きを読む
2006年03月05日

ハートで感じる英文法 可算、不可算

ハートで感じる英文法 会話編 今回は 可算、不可算です。

数えられる、数えられないというやつですね。

ネイティブが持っているイメージとしては、
くっきりを感じたら(形を想像できたら)可算、
くっきりを感じなかったら不可算
というものです。

可算の例)
car
person
pets

不可算の例)
love
money

loveやmoneyは、くっきりを感じられませんから、不可算です。

さて、次の文はどちらが正しいでしょう?
There were tires flowing alog the ground like molten lava.
There was tire flowing alog the ground like molten lava.
(タイヤが、溶けた溶岩のように流れ出ていた。)

この状況では、タイヤは溶けてしまって原型をとどめていません。
くっきりと形を想像できないので、数えられません。
よってtireを使った2文目のほうが自然な文となります。

続きを読む
2006年02月26日

ハートで感じる英文法 someとany

ハートで感じる英文法 会話編 今回はsomeとanyです。
someとanyの違いは、
someは疑問文と否定文ではanyに変わると習った方も多いと思います。
実は全く違います。

まず、someのイメージは、なにかあるけど、ボヤーっとした感じです。
例えば、
something 何かわからないけど、何か。
someone だれかわからないけど、だれか。

例文。
Would you like some cake?
(何か)ケーキいかが?

some cake のように複数形になっていません。someは必ずしも「いくつかの」で訳される複数形になるわけではありません。

別の例。
She's working for some company down in Nagoya.
名古屋にあるどこかの会社に勤めています。

↑の文のようにsomeによってごまかしたり、興味がないというふうなことを示したりできます。

続きを読む
2006年02月19日

ハートで感じる英文法 ときの感覚

ハートで感じる英文法 会話編 今回は、「ときの感覚」 です。

↓のような不自然に見える文の呼吸を習得します。
You'll be glad you bought it. (買って良かったと思うよ.)

未来の出来事なのに、you bought と過去形になっていますよね。

イメージは、「つもりでいい」です。
喜ぶのは未来のことですから、You'll be glad
そのとき、未来の立場に立っているわけです。
買ったのは喜ぶ前のことですから、過去になります。

続いて、
If I'm free,I'll drop by and see you later.
時間があれば、後で会いに行くよ。

時、条件を表す副詞節では時制は現在形 というルールを習いましたよね。

この文はネイティブの感覚で言えば、
自分がその場所にいるようなつもりでいるから、現在形なんです。

副詞節の中でもbe going to やwill も使えます。

If you are not going to eat the cake,I'll have it.
ケーキを食べるつもりがないなら、私が貰うわ。

このように予定を表したければ、be going toも使えます。

If you will drink so much,you'll have helth problems.
そんなにたくさん飲んだら、健康に悪いよ。

willを使うことによって、飲みたい、のみたいという強い意志が表せます。

続きを読む
2006年02月11日

ハートで感じる英文法

ハートで感じる英文法 会話編 今回は時制の一致です。

例えば、こういった文ですね。

He said that he was single.
彼は独身だと言った。

ネイティブのイメージは、「報告が過去なら、内容も過去」です。
↑の文だと、he is single が報告している内容です。このことを報告しているのが過去(said)
なので、内容も過去(was)にします。

別の例。
I thought that you would go with me.
私といっしょに来てくれると思った。

自分の考えた内容を報告しています。報告が過去(thought)なら、内容も過去(would)です。

I knew that he was just joking.
彼が冗談を言っていたのは知っていた。
続きを読む
2006年02月04日

ハートで感じる英文法 否定

ハートで感じる英文法 会話編 今回は否定です。

否定なんて簡単って思う人もいるかもしれませんが、↓の意味の違いわかりますか?

I didn't touch it deliberately.
I deliberately didn't touch it .

deliberately : 意図的に、わざと

実はどちらかがtouchしています。
続きを読む
2006年01月29日

ハートで感じる英文法 倒置

ハートで感じる英文法 会話編。今回は倒置です。

倒置のイメージは、感情の高まりです。

例えば、
I am glad to see you. (会えて嬉しいよ.)

この文を倒置にすると、↓のようになり、感情の高まりを表現することができます。

Am I glad to see you!(会えて嬉しいわ!)

しかし、倒置にすると不自然な文もあります。
例えば、
Am I going to brush my teeth! (歯を磨くぞ!)

いつも歯を磨いている日常的なことなので、興奮するとおかしいですよね。
しばらく磨いてなくて、歯を磨くことに興奮しているという特殊な状況なら使えますが。

別の倒置の例。
Never have I been so embarrased in my life.
こーんなに恥ずかしい思いをしたことないわ。

Rarely do I get any fan letters.
めーったにファンレターなんてもらわないわ。

Not only did they steal my passport,but they took my clothes ,too!
やつらパスポートだけじゃなく、服まで盗みやがったんだよ!
続きを読む
2006年01月21日

ハートで感じる英文法 知覚構文

今日は、ハートで感じる英文法 会話編 知覚構文の回の復習。
知覚構文ってなんだか難しそうですが、イメージで覚えれば簡単です。

知覚構文のイメージは、バスケットボールのピボットです。軸足を中心にしてくるっと回転する動きです。

例えば、
I painted the wall red.

この文を、2つのかたまりにして考えます。
I painted the wall (壁を塗った)
the wall red(壁赤い)

全体では、「私は壁を赤く塗った。」という意味です。

このように目的語をピボットのようにして、2つの文が結びつけられています。

では、別の例です。
I just saw Brian chatting up that gorgeous new waitress.

I just saw Brian (ブライアンを見た)
Brain chatting up that goureous new waitress. (ブライアン 新入りのウェイトレスをナンパしている)
全体で、ブライアンが新入りのウェイトレスをナンパしているのを見た。 続きを読む
2006年01月15日

ハートで感じる英文法 if

今回はifです。

ifといえば、「もし」という意味を連想する方が多いと思いますが、
ネイティブのイメージとしては、「二択」という感じがあります。

例えば、
(価格交渉の場などで)
If you can't give me a better price, I'll look elsewhere.
もっと安くしてくれないんなら、他をあたります。

→安くするのかしないのかという二択。

I don't know if he will come.
彼がくるかどうかわからない。

ifには「〜かどうか」という意味もありますが、
→来るか来ないのかという二択、と考えることもできます。

次に、ifを使った圧力調整の話。
以下の2文で意味の違いがわかりますか?

If you can't give me a better price, I'll look elsewhere.
If you can't give me a better price, I look elsewhere.
続きを読む
2006年01月07日

ハートで感じる英文法会話編

ついに始まりましたね。ハートで感じる英文法会話編。
なんとなくわかっていることを解説してくれるので、知識の整理になっていいです。
また復習していきます。
初回のトピックはto不定詞。英語では、to infinitive .

to不定詞のイメージは、何か欠けているものを埋めるようなイメージです。

例えば、↓の文。2つに分けることができます。
You must be really brave to dance in front of so many people.

You must be really brave /
あなたは勇気があるに違いない。
to dance in front of so many people.
そんなに多くの人の前で踊るなんて。

二つの文を足すと、
そんなに多くの人の前で踊るなんて、勇気があるわねぇ。
といった意味になります。

You must be really brave.
これだけだと、なぜbrave(勇敢)なのかわかりませんよね。
その理由を付け足すのが、to不定詞の役割です。
続きを読む
2006年01月04日

ハートで感じる英文法会話編

1/5日 からハートで感じる英文法会話編が始まります。

むずかしそうに思える英文法をネイティブの感覚でとらえ直し、英会話のちからに結びつけていきます。


大西泰斗先生の講座ですから、期待していいと思います。

あと、ハートで感じる英文法がDVD化されるようです。(3ヶ月トピック英会話 ハートで感じる英文法 DVD-BOX) 
「ハートで感じる英文法」/大西泰斗先生 もう大人気ですね。NHKの語学番組がDVD化されるなんて初めて聞きました。



ブログランキング 
2006年01月01日

大西泰斗

謎の人物、大西泰斗。宇宙人なのではないかという噂も(w。

東洋女子短期大学教授。筑波大学文芸言語研究科博士課程修了。
オックスフォード大学言語研究所客員研究員を経て現職に至る。

著書に「英文法をこわす」(NHK ブックス) 「ママが先生「ママ英語」メソッド」(講談社)。 両者の共著に研究社「ネイティブスピーカーシリーズ」(全7冊)「いつのまにか身につくイメージ英語革命」(講談社)「ネイティブの感覚がわかる英文法」(NOVA)があり、海外でも多数翻訳されている。
また通信教育用英文法教材 「English Brain Force」 (DHC教育事業部)がある。

NHK語学番組、ハートで感じる英文法でブレイク。DVD化もされる。
(3ヶ月トピック英会話 ハートで感じる英文法 DVD-BOX)
2005年12月28日

ハートで感じる英文法冬休みスペシャル

情報遅くてすいません。NHKの特集番組で
「ハートで感じる英文法冬休みスペシャル」なるものが26日から始まってました。
1月3日に再放送もあるので、そちらで見るのもいいかと思います。

内容的には、7月〜9月に『3か月トピック英会話』で放送した12回のうち好評だった8回をセレクトして、解説を追加収録したものということです。

放送日時は以下の通りです。

12月26日(月)〜29日(木)・教育・午後8時00分〜8時45分
1月3日(火)・教育・午後11時30分〜深夜2時30分(再)

ブログランキング
2005年10月12日

ハートで感じる英文法 現在完了

現在完了の回の復習です。

It has just stopped raining.
ちょうど雨がやんだわ。

過去から現在に向かって、ぐっとこちらに迫ってくるという感じです。
最初の例文だと、
雨がふってる、ふってる、ふってる、パチッ、今やんだという感じです。

過去との違いがわかりにくいという人もいるかもしれませんね。
過去のイメージは、遠くから眺めている感じです。
現在完了は、たったい今起こったという躍動感のある感じです。

過去か、現在完了かを決めるのは、話し手の主観によります。
たった今おこった、と感じるなら現在完了、遠くから眺めているなら過去。
時間的な、物理的な距離は意識しなくてOKです。
続きを読む
2005年10月09日

ハートで感じる英文法 that

thatの回の復習です。

「あの、その」という意味はみなさんわかってますよね。
Look at that girl over there.
あそこにいる女の子見てよ。

では、以下で使われているthatは?
I can't get up that early.
そんなに早く起きられないよ。

thatのイメージは、「指し示す」というイメージです。
2つめの英文では、"そんなに"という風に指しています。

指し示すということは、相手の関心、注意を導くという風にイメージを広げられます。
ex)
I heard that it's going to rain tomorrow.
明日雨がふると聞いたよ。
(聞いたんだよ。 雨が降るということを)雨が降るということが、thatによって導かれています。
続きを読む
2005年09月25日

ハートで感じる英文法最終回

終わっちゃいましたね。ネイティブの感覚がつかめるいい番組でした。
ハートで感じる英文法「文の形にも感覚がある」の復習です。

まずはthere構文。
↓の文はすべて不自然な文なんです。なぜかわかりますか?

There is the girl in the garden.
There is Aiko in the garden.
There is she in the garden.

there is のイメージは、何もないところに(話題の中に)、ひゅるひゅるっと登場させるような感じだからです。

the girl(あの女の子)は、話題の中にすでに登場しているので、初めて登場させるthereに使うのはおかしいです。
Aiko,sheも同様に、一旦登場しているので不自然です。

正しい使い方の例)
There is a hairy spider in the bathroom!
トイレに毛むくじゃらの蜘蛛がいるよ!

何もないはずのところに、ひゅっと蜘蛛がでてきたという感じです。

続きを読む
2005年09月17日

ハートで感じる英文法 単語

ハートで感じる英文法「英単語もイメージだ」の復習です。

英単語にもイメージはあります。
例えば、「見る」という日本語に対応する英単語は、
see,watch, look等あります。これらには固有のイメージがあります。

lookは、くいっと目を向けるという感じ。
例) Look at the chimpanzee . チンパンジーを見て。(チンパンジーの方を向いて)

seeは、向こうから入ってくる、見えるという感じ。
例)Can you see them? チンパンジー見える?

watchは、凝視する、じっと見るという感じ。
例)Let's watch them for a while. しばらく見てようよ。


look,seeは見る以外の意味もあります。
A)Look!We have to go.
B)I see. OK.

A)おい!行かないといけないぞ。
B)わかったよ。

ここでのlookは、注意を向けるために使われていて、おい、聞いてという感じです。
seeはわかる、理解するという意味で使われています。

続きを読む
2005年09月11日

ハートで感じる英文法 仮定法

ハートで感じる英文法 仮定法の復習です。

百万ドル見つけたら、自分のものにする。というようなことを言いたいときに、
以下の2文のどちらを使えばいいでしょう?

If I find a million dollars,I will keep it.
If I found a million dollars,I would keep it.


正解は、下の文です。
1つ目は、実際におこりそうな感じがしますが、2つ目はありえない感じがするからです。

ありえない、非現実的な感じというイメージが、仮定法のイメージになります。
ありえない感覚が、過去形で距離を出すことによって表現されています。

ここからは、仮定法の典型的な形。
If you bought it for me,I would be so happy.
買ってくれたら、本当にうれしいわ。

実際に買ってくれるとは考えてない、非現実的な感じを出すために、bought
と過去形になっています。
また、I would …は woludによって、willの意思力が弱まっています。
買ってくれるとは思っていない、非現実的なことなので、それに対してwillと強気に出るのはおかしい感じがしますよね。
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。